2017/08/27

たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」



少しだけ、本プログラムの内容をご紹介しましょう。

title
 ●このSTEP1の簡単なトレーニングによって声が生まれ変る理由とは?

 例えば、トンネルや教会のホールは声が響きますが、その原理は硬く
 広い空間だからなんです。
 その原理を口の中で創りだすことが簡単に出来るからなんです。
 
 その結果得られる効果は?
 icon2 声帯まわりの筋肉が刺激され声量が増え声の通りが良くなる。
 icon2 口の中の空間が広がる事で出したい音程が出しやすくなる。
 icon2 口腔内の筋肉が刺激を受け、声の響きが良くなる。
 icon2 表情筋が刺激され声と顔の表情が豊かになる。
 icon2 結果、プロ並みの声量、上手いと思わせる良い声になる。
title
 ●このSTEP2の簡単なトレーニングでマイクを通したあなたの声にビックリ
 するほど大きな変化が。

 声は振動です。この声の振動を一つの方向に集中させると非常に強く綺麗に
 響くのです。
 この原理によってでマイクを通した声が聞いている人の鼓膜に綺麗に響くわけ
 なんですね。
 この状態を簡単に創りだすプロも行なっているトレーニングです。
 
その結果得られる効果は?
 icon2声のマイクのりが格段に上がる。
 icon2 上手い!と思わせる声に持続力が出るようになってくる。
 icon2 声が前に出る(こもらなくなる)。
 icon2 相手が聞きやすい響きの習得が簡単にできる。
 icon2口先ではなく、しっかりした発声ポイントで音程を取るクセが簡単につく。
title
 ●このマル秘テクニックで今までわかっていても上手く出来なかった腹式呼吸が簡単  に身につくのです。
 
 その方法は、
 深く吸う、強くリズミカルに吐く呼吸が最短でマスターできる従来ほとんどの方々が
 知らなかったと言える方法だからなんです。
 いままで教えた生徒さんで知っていた方は一人もいませんでした。
 
 それによって
 icon2 難しかった腹式呼吸がいとも簡単にしかも自然に身につく。
 icon2 リズミカルな声の強化ができる。
 icon2 緊張すると息を吐いたり吸ったりするときの無駄な力が抜け自然にお腹で呼吸
   できるようになる。
 icon2 音程に安定感が出てくるようになる。
 icon2 一瞬のブレスで効率よく吸える...つまり「歌える」体になってくるコツが身につく。
 icon2今まで続かなかったながーい音(ロングトーン)が楽に出るようになる。

title
  ●いよいよこの二つのSTEPでは本格的な歌声を驚異的なスピードで創
  りだす段階です。

  おそらく、こういったマニュアルでは業界初と言えるくらいの発声のコツです。
  この「マジックボイス」の核と言っていいでしょう。
  低音域、中音域、高音域のそれぞれの発声に、ある三種類の言葉を使った
  「魔法のフレーズ」を使って行ないます。
  
  このステップで得られる効果は?
 icon2 低音域の胸部共鳴、中音域の鼻空共鳴、高音域の頭蓋骨共鳴が簡単に
    に感じる事が出来ることで音感がリセットされ劇的に驚くほど敏感になる。
 icon2 自在に各音域の声が出るようになる。
 icon2 ビックリするほど音域が広がる。
 icon2 表現の幅が格段に広がる。
 icon2 低音域、中音域、高音域の音程の安定する。
 icon2 出したい高音域の音域が広がるのでいままで出なかった高音が出せる。
 icon2 息のコントロールが自在に。
 icon2 各音域の発声が安定し、立体感のある声になる。
 icon2 歌で1番重要な高音のサビをしっかり歌えるようになる。
どうですか?
タイトルを見ただけで、
「今の自分に必要なものだ」という感じがしませんか?

そうです。まさに、「歌が上手く歌えない」と悩む人たちには、
共通した問題点があります。
その問題点を、分かりやすく解説し、
それを解消するための方法、あるいは、弱点を強化する方法を
網羅しているのです。

title
 ●音楽の3大要素、「メロディー」「ハーモニー」そしてもう一つ、このもう一つ
  これが歌を上手く歌う最大の秘訣です。
 
  それが『リズム』なのです。
  このSTEPではこの『リズム』をカラダで身につけてしまうメゾットです。
  
 このメゾットで得られる効果は?
 icon2 リズムと声のタイミングが合うため、音程がしっかりとしてくる。
 icon2 声が間違ったリズムに埋もれないので、ハキハキと聞こえる。
 icon2 声にグルーヴ感(リズムの強弱)を出るようになる。
 icon2 リズミカルで、聞きやすい声になる。
 icon2 発声時のタイミングが良くなる。
 icon2 表現力が、カッコ良くなる。
title
 ●最後に音感を更にアップし確実なものにするステップです。

  音感には「絶対音感」というもともと身についている音感そして「相対音感」
  これは音をたどる音感です。
  歌はこの「相対音感」さえ見につけば充分上手くなってしますんです。
  しかもこの「相対音感」は何才からでも身につけることが出来るのです。
  この方法は私が考案したあるものを簡単に作って行ないます。
  紙とペンさえあれば出来る簡単なものです。

  それを使ってトレーニングすることで得られる効果とは?
 icon2 音感が良くなり音程良く歌える。
 icon2 相対音感が身につき、音の聞き分けに自信をつけることができる。
 icon2 初めて歌う曲にもスムーズに対応できる。
 icon2 音とリズムのグルーヴ感が良くなる。
 icon2 自分の出す音に自信を持ち歌えると、声がより魅力的に。
 icon2 音の移動がスムーズにし発声が楽になってノドが楽になる。
 icon2 音の高低に差をつけて表現に立体感を出すコツが身につく。
そして今回、より実践時に使える特効薬として、

■ 困ったときの必勝裏ワザ

という特典もつけました。



>>>たった7日間で音痴を解消!歌唱力アップ!魔法の7つのレシピ「マジックボイス」







スポンサーサイト
2017/08/24

高音ボイストレーニング教材



ミリオンセラー歌手など【プロ歌手を実際に指導】している

カリスマトレーナーが高音指導に特化して教材を製作しました。

 

いま、「歌に対するニーズ」が高まっています。

 * みんなでカラオケに行くが、歌が下手というコンプレックスを抱えている人が多い

 * 1人カラオケも登場するほどカラオケのニーズが高い

 * ニコニコ動画の「歌ってみた」に投稿するユーザーの増加している

 * バンドボーカルの中で高音に悩みを抱える人が一番多い

    などなど


歌に対するニーズが高く、

その中でも特に「高音」に対する悩みは一番多いのです。

しかし、都内のボイトレ教室でも、

【高音のトレーニングをしっかり行えるところは少ない】です。


なぜなら高音を出すにはノドの「声帯」をトレーニングしなければなりません。


ただ声帯の知識のあるトレーナー自体が少なく、

教えること自体が難しいために、今までは

呼吸の仕方や姿勢の取り方といった

その場しのぎのトレーニングがなされることが多かったのです。


そこで今回、ミリオンセラーを突破した歌手も指導している本格トレーナーが

声を出す源の【声帯からしっかりトレーニング】する教材を製作しました。


さらに世界で活躍するロックバンド「LOUDNESS」も推薦しています。




講師実績、内容ともにボイトレ教材の中では確実に一番良いと思います。



>>>高音ボイストレーニング教材








2017/08/24

ダーツ上達、練習法「知野真澄式」DVD


ダーツ上達、練習法「知野真澄式」DVD


これがDVDの内容です

DVDの内容の一部を紹介します

「少ない時間」で「短期間に」上達するための最も大事な「気持ち」

あなたはダーツを練習しているとき、どんな「気持ち」「感情」を持って練習をしていますか。改めて感じてみて下さい。 その時の感情によって、上達のスピードが大きく変わるからです。僕がプロになった今でも最も気をつけている、練習の時の「気持ち」をお伝えします。

最も大事な気持ちを、自分で作り出す方法

「感情」はなかなかコントロールできません。しかし、ダーツの練習においては、ある方法であっさりと「理想の感情」を作り出すことが可能です。 その「感情」を手に入れれば、上達の最短距離を歩むことができます。

プレイヤーを「真似」する時のコツと注意点

あなたはプロのフォームを「マネ」するとき、どんなことに気をつけていますか。「かっこいいから」「入っているから」「安定しているから」という理由だけでは、 実は「あなたに合わないフォーム」をマネしてしまっている可能性があります。プロのフォームをマネするのは良いことです、しかし「プレイヤー選び」を間違えると、自分に合わない無理なフォームで 、なかなか入らなくなる可能性があります。僕が経験から導き出した「マネする時のプレイヤー選び」をお伝えします。

フォームを頻繁に変更することについて

上達に伸び悩んで「フォームを変える」。あなたもやったことがありますか。実はフォームを変えることは殆どは良いことがありません。しかしあなたはこう思うでしょう。 「自分のフォームは良くないと言われたから」「自分のフォームは良くなさそう」そう言って、あなたはまたフォームを変えるでしょう。僕が経験から導き出した「どうしてフォームを変えてはいけないのか」を お伝えします。フォームを変えることの「悪を理解」すれば、あなたはもうフォームを変える必要がなくなります。そうすることで、迷いがなくなり、迷っている間の時間が節約できるので 、短期間に上達するのです。

「シャドウ」の重要性、最大限に活用する方法

「シャドウ」「素振り」あなたは重要性を知っていますか。ただ何となくスローの前にやっているだけではないでしょうか。「シャドウ」は実は、スローを安定させる、最短で上達するうえで、 重要な要素を持っているのです。あなたに「シャドウ」の重要性と、最短距離で上達させるための活用方法をお伝えします。

伸び悩んでも大丈夫!迷わない!これを知れば無駄な時間が減る

「伸び悩み」あなたも間違いなく経験しているはずです。この「伸び悩み」の時期をどう工夫して練習するかで、上達のスピードが変わるのです。「伸び悩み」はあなたの成長が止まっているわけではありません。 「伸び悩み」の本質を理解し、それに即した練習をすることで、少ない時間で短期間に上達することが可能です。

レーティングの危険性を知り、上手な付き合い方をすれば短期間に上達

「レーティングが邪魔をして上達が遅くなっている」この事実をご存じでしょうか。僕は、他のプレイヤーをたくさん見てきて「レーティング」が悪影響を及ぼして、上達が遅くなっている人をたくさん見てきました。 しかし、レーティングは「上手に付き合う」ことで、逆に上達の妨げではなく、上達スピードを速めてくれる材料になります。「レーティングを活用して最短距離で上達する方法」をお伝えします。

「3本目」あなたはしっかり投げていますか

「三本目」実はかなり重要です。三本目の投げ方を変えるだけ、それだけで無駄な練習時間が減り、少ない時間で効率的に上達することができます。「最短距離で上達させるための三本目の投げ方」をお伝えします。

目標は数字やレーティングではだめ

「今月までにレーティングを○にする」「夏までにカウントアベレージ○点達成」という目標を立てて日々練習に励んでいる方がとても多いですが、これよりも、もっと良い目標の立て方があります。 この目標を立てれば、モチベーションが一気にアップして、上達までのスピードが一気にアップします。「上達スピードアップの目標の立て方」をお伝えします。

「練習が飽きてきた」その時の練習方法。

練習を長時間継続すると「飽きる」という気持ちがやってくる場合が多いです。その時には練習の方針転換が必要です。実は、そのまま投げ続けては上達は遅くなるのです。 「飽きてきた」と感じた時に、練習方法を変えることで、無駄な時間が大幅に減ります。それにより、少ない時間で短期間に上達するのです。その「飽きてきた時の練習法」をお伝えします。

「疲れた」時の練習方法。

「疲れた」時の練習方法があります。これは非常に重要です。これを間違えて、そのまま同じ練習を続けてしまうと、上達が非常に遠回りになるばかりか、自分のフォームにも良いことがありません。 逆に、疲れた時の練習方法を知れば、無駄な時間が大幅に減ります。それにより、少ない時間で短期間に上達するのです。「疲れた」時の練習方法の変え方をお伝えします。

疲れるまで練習したほうが「フォームが安定、確立する」その理由。

あなたは練習を「疲れた」と思えるまで練習しているでしょうか。もし途中で中断したり、時間を決めてやっている場合は要注意です。実は、練習は「疲れるまでやったほうがいい」のです。 それは、様々な理由があるのですが、一つの大きな要素として「フォームが安定、確立する」ということが言えます。その理由と練習方法をお伝えします。

リズムを一定にするには。

「リズムを一定にして投げましょう」よく言われていることですが、場合によっては入らなくなるばかりか、上達まで遠回りをしている可能性があります。 「リズムを一定にしてなげる」ことよりも、もっと重要な投げ方あります。その投げ方をすれば「自然にリズムが一定になり、安定する」のです。その投げ方をお伝えします。


DVDの内容の「一部」を紹介しました

今まで色々悩んで、試行錯誤を繰り返し
いくら練習しても上達しなかった方が

この練習方法知れば、様々な迷いが消えて
最短距離でダーツが上達するでしょう

ある意味、練習してもダーツが上達しないか
少ない練習で上達するかは

「知っているか」「知らないか」

の違いだと思います



>>>ダーツ上達、練習法「知野真澄式」DVD








2017/08/12

【水彩画3弾セットn】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット



●はじめに
ここでは「絵を描く」ということの大まかな基礎知識をお伝えしています。
どうすれば立体的に見えるのか、水彩画独特の描き方、どうすれば上手になるか、
はじめに など。ご挨拶も兼ねて、「なるほどー!」なお話が盛りだくさんです。
・水彩画の特徴と表現方法について
・絵を上手に描くための基本知識とは?
・知っているだけで立体的に描ける、絵の表現方法を学ぶ
・リンゴで理解する、立体的にモチーフを描くときのポイント
・水彩画の技法について(色の使い方など)

●第1章 水彩画の道具について・・・使う道具やお勧めの道具を解説
水彩画というと「小学校の頃の絵の具?」と思われる方もいらっしゃいます。
ここで使う絵の具は「透明水彩」という絵の具です。固まっても何度でも水で溶いて使えるのが特徴で
先生は3年間出しっぱなしだとか!?一度買っておくと楽ちんな絵の具になっています。
第1章 水彩画の道具について・・・使う道具やお勧めの道具を解説

・水彩画を描くために必要な道具とは?
・初めてだからこそ知っておいて欲しい筆の選び方
・絵の具・パレットはどんなものを使えばいいのか?
・水彩画を描くのに適した用紙の選び方
・絵を描きやすい道具の配置とは?
・屋外で絵を描くときにあると便利な道具
●第2章 チューリップの色塗り・・・筆の使い方、影の作り方を学ぼう
さっそく色塗りスタートです。同じピンクでも細かい色の違いによって立体感を
出していきます。
先生はどんな手順で、どんな色を使っていくのか。塗り始めから完成までノーカットで
バッチリ 第2章 チューリップの色塗り・・・筆の使い方、影の作り方を学ぼう ご覧いただけます。

・基本的な筆づかい、色塗り方法について学ぶ
・モチーフの明暗を色で塗り分けて立体感を出す
・花の鮮やかさを表現するコツを学ぶ
・茎や葉の表面の質感を筆づかいによって表現する
・花と茎の境目を自然に表現するには?
●第3章 田舎の風景の色塗り・・・空の塗り方、遠近の付け方を学ぼう
人気のお題「風景画」にチャレンジです。空の塗り方、近くのものと遠くのものを上手に描く方法などなど、 プロならではの解説を、ノーカットでご覧いただけます。

第3章 田舎の風景の色塗り・・・空の塗り方、遠近の付け方を学ぼう ・雲がある空に色を塗るコツを学ぶ
・色作りを工夫して遠くにある山を表現する
・中間にある山を表現する方法とは?
・近くにある山の木々の様子を表現する方法を学ぶ
・田んぼの稲が生える様子をカンタンに表現するには?
・色づかいによって田んぼが何枚もあるように見せる
 表現方法とは?
・遠くにある家並みを表現して風景画に奥行きを出す。
・同系色を上手に塗り分けて、鮮やかな風景画を完成させる
●第4章 海辺の風景の色塗り・・・水を表現する方法を学ぼう
描くのが難しいと言われる「水辺の絵」を学んでいきます。
一見、同じような色味の空と海ですが
よくよく見ていくと全く違うんですね。これもノーカットで見られます。
色を塗る時にどこに着目するのか?とても勉強になる内容です。
第4章 海辺の風景の色塗り・・・水を表現する方法を学ぼう



・雲のない空をワンランク上の絵に見せる塗り方とは?
・塗り方に変化をつけて遠くに広がる海の様子を表現する。
・カンタンに砂浜らしく見える表現方法とは?
・光の方向を意識して、ワンランク上の風景画を描く。
・ゴツゴツとした岩肌を上手く表現する筆づかいを学ぶ。
・白い橋を水彩画で描く驚きのテクニックとは?
・これだけでバッチリ水辺を表現できる!たった1つのポイントとは?
●第5章 イヌの色塗り・・・生き物を描くポイントを学ぼう
家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんを描きたい、というご要望にお応えして。
動物を活き活きと描く方法をお伝えします。
特に「毛並み」「目」というのはポイントになります。
ノーカットで先生が完成するまでをご覧いただけますので、毛並み一本一本まで描ききる楽しさをぜひ味わってみてください。 第5章 イヌの色塗り・・・生き物を描くポイントを学ぼう

・白い毛の部分には〇〇色を塗って、毛並の感じを表現する
・毛の色が変わる境目を水彩画のテクニックを使って
 カンタンに表現する
・たった3つのポイントを意識するだけ!
・イヌを生き生きと描くコツとは?
・上手く筆を使い分けて顔の細かい部分や毛並を塗るコツを学ぶ。
●水彩画の塗り方のポイントとまとめ
水彩画の塗り方のポイントとまとめ あまりにも盛り沢山なので、最初の頃の話を
忘れてしまうことも・・・(笑)
でもご安心ください。
それぞれの「お題」の描き方を最後にもう一度、
おさらいしておきます。
「そうそう、そうだった」と思いながら、先生と一緒に復習しましょう。


>>>【水彩画3弾セットn】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット







2017/08/09

【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット




Chapter 1 はじめに
Chapter 1 はじめに美しい風景とともに、これからあなたがカメラを学ぶ上で大切なことを
お伝えしたいと思います。
Chapter 2 今すぐできる、カメラの機能を100%発揮する方法
Chapter 2 今すぐできる、カメラの機能を100%発揮する方法オート機能に頼らず、あなたの持っているカメラの本来の機能を
使いこなすための方法をお伝えします。
撮りたいものを自在に撮る、プロのテクニックを学んで頂けます。
Chapter 3 1から解説。状況に応じたレンズの使い分け
Chapter 3 1から解説。状況に応じたレンズの使い分け一眼レフの面白い部分です。
様々なレンズの特徴と、用途。プロの使い方を解説。
どんなレンズでどんな写真が撮れるのか?必見です。
Chapter 4 何気ない写真から、感動の一枚にステップアップ
Chapter 4 何気ない写真から、感動の一枚にステップアップ人の心を揺り動かす感動の一枚は、こうして生まれる!
素人とプロの違いを一言で言うなら?
あなたの写真がグンとレベルアップできる講座になっています。
Chapter 5 いよいよ実践!人物写真を撮るときの大切なポイント
Chapter 5 いよいよ実践!人物写真を撮るときの大切なポイント最も写真を撮る機会の多い、「人物の写真」はどうすればミス無く
撮れるのか。その時にしか無い感動の表情、感動の瞬間を思い出に
残したい。そんな思いに答えます。
Chapter 6 より良い人物写真にするための、自然な笑顔の引き出し方
Chapter 6 より良い人物写真にするための、自然な笑顔の引き出し方「はい、チーズ!」という撮影では、どうしても作った顔に
なってしまいます。日常のふとした瞬間の素敵な表情を撮りたい、
実物のほうがいいのに・・・
と言われたくない。そんなお悩みを解決します。
最高の笑顔を引き出す撮り方をお伝えします。
Chapter 7 人物写真がグっと良くなるフレーミングのポイント
Chapter 7 人物写真がグっと良くなるフレーミングのポイント何気なく撮っている人物写真ですが、構図や写真に入る部分を
計算して撮ると、ワンランク上の素敵な写真になります。
知らずにせっかくの瞬間を「なんだか惜しい写真」に してしまって
いませんか?写真に写す範囲をほんの少し工夫するだけで、
とても印象深い素敵な写真に仕上がります。
Chapter 8 良い人物写真ってどんな写真?
Chapter 8 良い人物写真ってどんな写真?写真って、人によって好みがあるし・・・なんて思っていませんか?
ですが本当に良い写真は見た人を温かい気持ちにさせる
一枚だと思います。そんな写真を撮るために大切なこととは?
写真がもっと好きになる、そんなレクチャーです。
Chapter 9 光の当たり方で変わる写真の印象について
Chapter 9 光の当たり方で変わる写真の印象についてあなたの伝えたいことを写真に表現するなら、光の使い方を
知っておきましょう。温かい写真、クールな写真、それぞれ
伝えたいことによって光を調整すると、思い通りの写真に仕上がります。逆光でもきれいに人物を撮影できる方法など、本格的だけど
すぐ出来る技術をお教えします。
Chapter 10 バランスの良い構図の人物写真にするには?
Chapter 10 バランスの良い構図の人物写真にするには?ふとした表情をうまく写真に撮りたい。ですが、表情だけ撮っても、
本当にあなたの撮りたい印象の写真にはなりません。
大切なのは、被写体と空間。ほんの少し構図を変えてみると、
一気にクリエイティブな写真に生まれ変わります。



Chapter 11 動いている子供をブレずに撮る方法
Chapter 11 動いている子供をブレずに撮る方法お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、必見です!!
元気に動き回る子供の様子をうまく写真に撮りたい。
そんなご要望を叶える内容になっています。子供らしい、自然な様子を
思い出に残したいなら、このレクチャーをぜひご覧ください。
きっと大切な一枚を撮るテクニックを学べるでしょう。
Chapter 12 あなたの写真をダイナミックにする、たった1つのコツ
Chapter 12 あなたの写真をダイナミックにする、たった1つのコツ暗いところでも写真は撮れる!?
設定次第で、明るさの調整もできてしまいます。
カメラの機能と設定を知れば、どんな条件でも撮りたい写真が撮れるようになります。ちょっと難しいですが、今後の写真の出来栄えを左右する大切な内容になっています。
Chapter 13 プロ直伝!写真が上手くなる、魔法の撮り方
Chapter 13 プロ直伝!写真が上手くなる、魔法の撮り方同じカメラで写真を撮っても、プロと素人の間には
「なんだか分からない差」があると感じる方は多いです。
その“差”は一体何なのか?これを知ることで、
あなたもプロ並みの“感動の一枚”を撮ることができるでしょう。
Chapter 14 構図のバリエーションを増やして写真の幅を広げる
Chapter 14 構図のバリエーションを増やして写真の幅を広げるいつも同じような写真ばかり・・・。
思い出の場所と人物をうまく撮りたいのに、何だか残したい思いが
写真に表現できない・・・。それは、単に撮り方を知らないだけです。
構図のバリエーションを増やせば、あなたにも撮りたい写真が
撮れるようになるでしょう。
Chapter 15 より人物を引き立てる、ボケ具合の調整テクニック
Chapter 15 より人物を引き立てる、ボケ具合の調整テクニック初めて一眼レフで写真を撮った時。
背景のボケ具合に感動しませんでしたか?
実は、このボケ具合も自分で調整することで、よりあなたらしい写真を
撮ることができます。また、見せたいもの、ぼかしたいものを自在に
操ることで写真の幅もグーンと広がります。


DVDよりも専門的な解説をお付けしています。

初心者から経験者まで、カメラの仕組み
設定方法を学べる内容になっています。


>>>【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。