FC2ブログ

ドロスピレノン・エチニルエストラジオール(Drosetil3mg/0.03mg)

2020/01/24 20:26:28 | ナイトライフ | コメント:0件


ドロスピレノン・エチニルエストラジオール(Drosetil3mg/0.03mg)



ドロセティル(Drosetil)は、低用量ピルです。有効成分として、第4世代黄体ホルモンのドロスピレノンと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含有しています。ヤスミンのジェネリック版です。

ドロセティル(Drosetil)には、ドロスピレノンとエチニルエストラジオールが含有されています。この2種のホルモンを定期的に服用することで、排卵抑制・精子の子宮内進入抑制・受精卵の着床抑制などの作用があらわれて妊娠を防ぎます。ドロスピレノンは第4世代黄体ホルモンに分類される成分であり、弱い抗アンドロゲン作用および抗ミネラルコルチコイド作用を持ちます。このため、アンドロゲン作用によるにきびや多毛がほとんど起こらず、浮腫みが起こりにくいとされています。

ドロセティル(Drosetil)は、周期を通してホルモン含有量が一定な1相性ピルのため服用方法が簡単です。21日間の連続服用と7日間の休薬期間を1周期とします。

ドロスピレノン・エチニルエストラジオール(Drosetil3mg/0.03mg)

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する