FC2ブログ

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)

2020/02/01 20:36:12 | 生理不順・月経困難症 | コメント:1件


ノアルテンジェネリック(プリモルトN)

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)


プリモルトNは女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する黄体ホルモン製剤です。日本を含め世界中で使用されている黄体ホルモン製剤「ノアルテン」のジェネリック医薬品であり、インドの大手製薬Zydus Healthcareが製造販売しております。

女性ホルモンには2種類あります。ひとつは卵胞ホルモンのエストロゲン、もう一つは黄体ホルモンのプロゲステロンです。どちらも非常に重要なホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスによって女性の体調は大きく変化します。

エストロゲンは正常な月経周期や排卵の維持、子宮・性器・乳房の発育、脳・骨・筋肉・関節・胃腸・肌の機能などに大きく関与する女性ホルモンです。

一方プロゲステロンは排卵後に多く分泌されるホルモンで、子宮内膜を充実させ受精卵が着床しやすい状態にして妊娠の成立・維持をサポートする役割を担う女性ホルモンです。体温を上昇する作用があるため、排卵後のこの期間は「高温期(黄体期)」と呼ばれます。

プロゲステロンが不足して女性ホルモンのバランスが大きく崩れると、月経不順・月経異常・無月経・機能性子宮出血・不妊症・切迫早流産・習慣性早流産・更年期障害などの症状が引き起こされてしまいます。

プリモルトNの有効成分ノルエチステロンは合成プロゲステロンです。作用が強力で、体内で不足したプロゲステロンをしっかり補充することができます。

主な治療例を以下に記します。

<生理不順・無月経の場合>
プリモルトNを一定期間服用し、子宮内膜を充実・維持させます。その後服用を中止し、生理(出血)を起こさせることで生理のリズムを取り戻します。また、生理日の調整にも応用されます。

<月経困難症>
プリモルトNを継続的に服用することで月経困難症の原因となる排卵が抑制され、子宮内膜が薄くなり生理が軽くなります。月経困難症に対する治療有効率は100%というデータがあります。

<機能性子宮出血>
子宮内膜を維持して剥がれにくくすることで出血を抑えます。

<不妊症>
黄体機能不全による不妊症の改善に有効です。排卵を確認して高温期にプリモルトNを服用することで、受精卵の着床をサポートします。(弱い男性ホルモン作用があるため、妊娠成立後の妊娠維持目的にはあまり向いておりません。)

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する