FC2ブログ

ワーフ(ワルファリン)2mg

2020/02/01 20:42:25 | 脳梗塞・心筋梗塞・エコノミー症候群 | コメント:1件


ワーフ(ワルファリン)2mg

ワーフ(ワルファリン)2mg


ワーフ2mgは血液を固まりにくくし、血栓の形成を予防するためのお薬です。

服用することで血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気の原因となる血栓の形成を予防することができます。

ワーフ2mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

日本でも承認・販売されているワーファリン錠のジェネリック医薬品として製造されています。

注意点として、有効成分ワルファリンは、作用機序からビタミンK拮抗薬と呼ばれており、体内のビタミンKの影響を強く受けてしまいます。

血液凝固因子の合成に欠かせないビタミンKの働きを邪魔することで、凝固系の働きが抑制され、抗血栓効果を発揮するわけです。

そのため、ビタミンKの豊富な食べ物を摂取してしまうとワーフ2mgの効果が弱くなってしまいます。

納豆、クロレラ、青汁はビタミンKを大量に含んでおり、効果を弱めるので絶対に摂取しないようにしてください。

ワーフ(ワルファリン)2mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する