FC2ブログ

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg

2020/02/01 20:52:45 | 白内障・緑内障・眼瞼炎 | コメント:1件


ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg


ダイアモックスは炭酸脱水酵素の働きを抑える薬で、主に緑内障の治療薬として使われます。炭酸脱水酵素は目や腎臓、脳などにある酵素で、水分と炭酸ガスの反応に関わります。緑内障とは眼圧が高くなる病気で、40歳以上の人を検査すると100人に4人がかかっているとされています。眼圧が高くなると視神経が障害を受けやすくなり、症状が進行すれば失明する恐れがあります。

眼の中には房水という液体が循環しており、房水が過剰に作られたり、房水が排出される部分が詰まったりすると眼圧が高くなります。房水の生成には炭酸脱水酵素が必要ですが、ダイアモックスは房水の生成に必要な炭酸脱水酵素の働きを抑えることで房水の生成を抑制し、眼圧を下げて症状の進行を抑える働きがあります。

また、メニエル症候群、月経前緊張症、睡眠時無呼吸症候群の症例に使用されます。また、高山病は血中の酸素濃度が低くなることで起こる症状ですが、ダイアモックスには呼吸中枢が刺激して呼吸回数を保つ働きがあるので、高山病の予防や治療に使われます。

ダイアモックス(アセタゾラミド)250mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する