FC2ブログ

ぺトピック点眼薬(塩酸ベタキソロール)0.5%

2020/02/01 20:52:45 | 白内障・緑内障・眼瞼炎 | コメント:1件


ぺトピック点眼薬(塩酸ベタキソロール)0.5%

ぺトピック点眼薬(塩酸ベタキソロール)0.5%


ペトピック点眼液は、緑内障の症状の改善や高い眼圧を下げる作用を持つ薬剤です。 一般名はベタキソロール塩酸塩です。 国内では同様の成分の医薬品としてペトプティック点眼液が承認され処方されています。 国内の医薬品であるペトプティック点眼液は5%の濃度の点眼液です。 緑内障は眼圧が正常な数値以上に上昇してしまう事で発症します。 眼圧が上昇してしまう原因には様々なものがありますが、中でも眼球内に眼房水が多すぎる事は大きな原因の1つとなっています。 眼球内の眼房水が多すぎてしまう理由には大きく分けて2つの原因があります。 1つは眼球内で眼房水が生成されすぎてしまう事です。 またもう1つの原因は、眼球内で生成された眼房水が正常に排出されないまま留まってしまう事です。 このような原因があるため、緑内障の治療薬は主に ・眼房水の過剰な生成を妨げる作用を持つ薬剤 ・余分な眼房水の排出を促す薬剤 の2種類になっています。 ペトピック点眼液は、この2種類のうちで眼房水の過剰な生成を妨げる作用を持つ薬剤になります。 眼球内で生成され過ぎている眼房水の生成を制限し、眼球内の眼房水を減らす事で 緑内障の症状を改善します。 使用の際には薬剤を清潔に保つ為に、容器の先端が直接目に触れないようにご注意ください。

ぺトピック点眼薬(塩酸ベタキソロール)0.5%

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する