FC2ブログ

クレサール(テルミサルタン)40mg

2020/02/01 21:26:58 | 高血圧症 | コメント:1件


クレサール(テルミサルタン)40mg

クレサール(テルミサルタン)40mg


クレサールは、アンジオテンシンIIという昇圧作用がある物質を抑制することで、血圧を下げる働きをする、アンジオテンシンII拮抗薬と呼ばれるお薬です。有効成分であるテルミサルタンは、アンジオテンシンIIの持つ血管収縮と、ナトリウム保持作用を阻害することで、高血圧症の発症を強力に抑制します。また、アンジオテンシンII 受容体拮抗薬の中でも、半減期が最長の24時間もあるため、その効力が持続するとされています。アンジオテンシンIIとは昇圧作用を持つ物質です。アンジオテンシンIIには細動脈を収縮させる作用に加え、昇圧作用のあるナトリウムイオンを血中に保持するアルデステロンというホルモンを腎臓から分泌させる作用があります。これらにより血圧が上昇し、高血圧症が発症すると言われています。
高血圧症血圧が140/90mmHg以上の高血圧症である人は、日本では約3,000万人とされ、50歳以上の人では、2人に1人が高血圧症であると言われています。高血圧患者のほとんどが、本態性高血圧と呼ばれる、はっきりとした原因を特定できない高血圧症とされます。原因としては、食事での塩分過剰摂取やアルコール・運動不足・肥満・ストレスや疲労などが要因としてあげられる、生活習慣病の一つとしてとらえられています。頭痛、目眩、肩こり、むくみ、動悸、はきけ、耳鳴りなどの症状が出る場合もありますが、ほとんどの場合自覚症状がなく、またそれらは高血圧症特有の症状ではないので、放置されがちです。このように、高血圧症は無症候のまま進行し、命に関わるような合併症(心肥大・動脈硬化・脳卒中・心臓病・腎臓病など)を引き起こすことから、サイレントキラーとも言われています。

クレサール(テルミサルタン)40mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する