FC2ブログ

ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

2020/02/01 21:26:58 | 高血圧症 | コメント:1件


ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

ハイザールは、血圧上昇の原因となるアンジオテンシン�Uを有効成分に含まれるアンジオテンシン�U受容体拮抗薬がその活動をブロックすることにより血圧を下げることが可能となります。高血圧症は大きく2種類に分けることができます。原因が特定されていない、または原因不明の高血圧症は「一次性高血圧症」に分類されます。これは別名「本態性高血圧」とも呼ばれています。それに対して、高血圧症の原因となる病気が判明している高血圧症は二次性高血圧症に分類されます。高血圧症の中で二次性高血圧症が占める割合は約10%であると言われています。

ハイザールには、腎臓を保護する働きが確認されており、その効果でたんぱく尿の減少や腎機能の悪化を抑えることが可能とされています。このため高血圧症の大半の人が分類されている一次性高血圧症や高血圧症及びたんぱく尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症に対して効果を発揮します。またハイザールは経口投与による吸収が良く、体内でゆっくりと作用するため、一回の投与で約24時間効果を発揮します。そのため、仕事等で薬を飲む時間が限られている人や一人では薬が飲めない高齢者には有効です。

もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

ハイザールジェネリック(ロサルタンカリウム+ヒドロクロロチアジド)100mg/25mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する