FC2ブログ

オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)

2020/02/01 21:26:58 | 高血圧症 | コメント:1件


オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)


オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)


オルメシップHは、アンジオテンシンII受容体阻害薬(ARB)であるオルメサルタン・メドキソミルと、利尿薬であるヒドロクロロチアジドを配合した降圧剤です。有効成分オルメサルタンメドキソミルが、体内物質アンジオテンシンIIと高血圧の原因となる受容体1との結合を妨げます。アンジオテンシンIIはアンジオテンシンII受容体1と結合してはじめて、血管収縮・血圧上昇・利尿作用・細胞増殖などに作用します。血液量や血液中のナトリウム(塩分)が低下すると、アンジオテンシンIIが生成されます。それが受容体1と結合し、動脈の血管収縮を起こすことで、血圧が上昇してしまいます。アンジオテンシンIIと受容体1の結合を妨げることで、降圧に効果を発揮します。

もうひとつの有効成分であるヒドロクロロチアジドは、チアジド系利尿薬です。高血圧の原因として特に大きな割合を占めているのが、塩分の過剰摂取です。 塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が上がり、細胞組織の活動が低下します。そこで、腎臓が塩分濃度を下げようと、水分を血液中に送り出して水分で薄める作用が働くため、血液の全体量が増加し、血圧が増加します。チアジド系利尿薬は、腎臓内にある遠位尿細管での水およびナトリウムイオンの再吸収を抑制する働きを持っています。それにより尿排泄量が増え、降圧作用を発揮します。

これら2つの有効成分の組み合わせにより、アンジオテンシン�Uの活性化を抑制しつつ、利尿による降圧効果の維持や増強という、相乗効果が期待できます。

オルメシップH(オルメサルタン+ハイドロクロロシアザイド)

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する