FC2ブログ

カプトプリル50mg

2020/02/01 21:26:58 | 高血圧症 | コメント:1件


カプトプリル50mg


カプトプリル50mg


カプトプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はカプトプリルです。国内では同じ成分の薬剤が、カプトリル錠やジェネリック医薬品として承認され処方されています。国内のカプトプリルは12.5mg、25mgの規格の他、散剤があります。一般に血圧の数値が140/90(収縮期血圧/拡張期血圧)以上の状態が続く場合には、高血圧と診断される事が多いようです。血圧が上昇する原因には様々なものがありますが、体内にあるレニン・アンギオテンシン系と呼ばれる血圧を上げるサイクルが活動しすぎてしまう事も原因の一つです。このレニン・アンギオテンシン系で生成される、血圧を上昇させてしまう体内物質にアンギオテンシン�Uがあります。アンギオテンシン�Uはその前駆物質であるアンギオテンシン�Tから生成されますが、その生成にはアンギオテンシン変換酵素という酵素が必要です。カプトプリルはこのアンギオテンシン変換酵素の働きを妨げる薬剤です。アンギオテンシン変換酵素の働きが妨げられた結果、血圧を上げる体内物質であるアンギオテンシン�Uが生成されなくなり、血圧が下がります。

カプトプリル50mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する