FC2ブログ

パリエット20mg

2020/02/01 21:34:01 | 消化器疾患 | コメント:1件


パリエット20mg

パリエット20mg


パリエット20mgは、ラベプラゾールナトリウムを有効成分とするプロトンポンプ阻害薬です。主に胃食道逆流症や十二指腸潰瘍など胃酸の過剰分泌によってもたらされる症状に効果があります。 また他の抗生物質との併用でピロリ菌除去療法にも用いられています。

胃酸とは胃液内の塩酸で、胃内へ入ってきた食物の殺菌作用や、胃の中の食べ物の腐敗、発酵の阻止などの働きをしています。 しかし、栄養の偏った(脂肪分の多い)食生活やストレスなどの原因により、この胃酸が過剰に分泌されるようになりします。胃酸が過剰に分泌されることによって、胃液や胃にはいった食物が食道に逆流する胃食道逆流症や十二指腸潰瘍などが引き起こされます。パリエット20mgは胃酸の分泌を強力におさえ、胃酸の悪い影響をなくします。結果的に、胃潰瘍や逆流性食道炎の治りがよくなり、胃痛や胸焼けもやわらぎます。アスピリンや鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因の胃潰瘍にも有効です。

また、パリエット20mgの胃酸分泌抑制作用は、十二指腸内における胃粘膜の生成を抑制して十二指腸のピロリ菌感染を妨ぐのにも効果があります。 パリエット20mgの服用で胃酸の分泌が抑制されることにより、胃内での抗生物質の効き目がよくなり、除菌成功率が高まります。(抗生物質薬を併用が必要となります。)ことによって十二指腸内のピロリ菌が除去されることから、十二指腸潰瘍の再発を効果的に阻害することができるとされています。

パリエット20mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する