FC2ブログ

エリアス5mg(デスロラタジン)

2020/02/01 21:35:40 | 花粉症・鼻炎 | コメント:1件


エリアス5mg(デスロラタジン)

エリアス5mg(デスロラタジン)


アレルギー反応にはヒスタミンという体内物質が深く関与しています。

アレルギーの原因となる異物(アレルゲン)が体内に侵入すると、過剰に防御反応(異物を排除しようとする体内の防御システム)が働いてしまいアレルギー反応が始まります。

そうなると肥満細胞という免疫系細胞から、ヒスタミンなどアレルギーに関する多くの化学伝達物質が放出されます。

放出されたヒスタミンは体内の至る所に存在するH1受容体に結合することで作用し、アレルギー症状を発現させます。

エリアスの有効成分デスロラタジンはこのH1受容体を遮断することでヒスタミンを抑制し、アレルギー反応を抑制します。

また、ヒスタミンだけではなくロイコトリエンなど他の化学伝達物質の遊離も抑制することでも抗アレルギー作用を発揮します。

ヒスタミンを抑制することから、このように作用する抗アレルギー薬は薬学的には「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。

抗ヒスタミン薬には古くからある「第一世代」と近年登場した「第二世代」に大きく分類されますが、エリアスは第二世代の中でも新しい抗ヒスタミン薬です。

同系統の抗ヒスタミン薬には、アレグラ(有効成分フェキソフェナジン)・ジルテック(有効成分セチリジン)・クラリチン(有効成分ロラタジン)などが挙げられます。

第一世代に比べると、効果はそのままで眠気や口渇などの副作用が軽減されていることが特徴です。

ただし、エリアスなどの抗ヒスタミン薬はアレルギーによる諸症状を改善する対症療法薬であり、アレルギーそのものを治す薬ではありません。

アレルギーそのものを根治したい場合には医療機関でのアレルゲン免疫療法が該当するので、医師に相談してください。

エリアス5mg(デスロラタジン)

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する