FC2ブログ

アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg

2020/02/01 21:37:56 | 関節痛・リウマチ・腰痛など | コメント:1件


アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


世界中で使用されている非ステロイド性のロングセラー解熱鎮痛消炎薬『アスピリン』のジェネリックです。

外から刺激などを受けたりすると、体内で炎症がおこります。この炎症は腫れや発熱、痛みとなって現れます。本来、炎症は防御反応なのですが、その炎症の悪影響があまりにも大きい場合には、薬品での治療が必要となります。

体は刺激などの障害を受けると、そこで化学伝達物質が産生されることにより炎症が起こります。この際産生される化学伝達物質にはいくつかの種類がありますが、主に痛みや炎症を引き起こしている物質は「プロスタグランジン」と呼ばれる物質です。

プロスタグランジンは体内で、アラキドン酸を原料として作られます。このとき原料となるアラキドン酸に働きかけ、プロスタグランジンができあがる過程をすすめていくのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」という酵素です。このCOXの働きを止めることができれば、プロスタグランジンができあがってこないので、痛みや炎症を止めることができます。アスピリンはこのCOXの働きを阻害する非ステロイド性解熱鎮痛消炎薬のひとつです。

アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する