FC2ブログ

オランザピン20mg

2020/02/01 21:40:34 | 統合失調症 | コメント:1件


オランザピン20mg


オランザピン20mg


オランザピンは、MARTA(多元受容体標的化向精神薬)です。有効成分オランザピンは、統合失調症の症状に深く関連しているとされるセロトニン受容体(5-HT2A)とドーパミン受容体(D2)をブロックし、その陽性・陰性双方の症状を、改善に効果的です。強い不安やイライラを鎮める作用により、統合失調症や双極性障害の躁病を始め、うつ病、強い不安感や緊張感、気分の停滞など、様々な症状の治療に用いられています。

特に統合失調症については、幻覚、妄想、幻聴、混乱、興奮などの陽性症状だけではなく、認知障害、不安症状、うつ症状、ひきこもりなどの陰性症状にも効果が充分に認められています。また、作用の持続性から、これらの精神疾患の改善薬としてだけでなく、その維持(再発抑制)にも使用されています。

オランザピンは、アメリカ国内で最も多く使用されている非定型抗精神病薬のひとつであり、日本の臨床試験においても、統合失調症の精神症状全般及び幻覚・妄想・情動障害などの陽性症状だけではなく、自閉や活動性低下、感情鈍麻などの陰性症状に対しても改善効果が認めらています。2000年12月に承認されています。

オランザピン20mg

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する