FC2ブログ

トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠

2020/02/01 21:44:35 | 美肌・美白・シミ・シワ | コメント:1件


トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠


トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠


トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠は肝斑(かんぱん)治療薬として有名なトランシーノのジェネリック医薬品です。

有効成分として1錠にトラネキサム酸を500mg配合し、服用することで黒ずんだシミを薄くすることができるためきれいな肌を取り戻せます。

肝斑とは、薄く褐色でやや大きい、ほほ骨に沿って左右対称にできるシミのことです。

肝斑を発症する方は圧倒的に女性が多く、女性ホルモンが関係しているといわれています。

妊娠・経口避妊薬などの女性ホルモンを摂取することにより肝斑の症状が誘発・悪化することからも、肝斑は女性ホルモンが関係していることを示しています。

有効成分トラネキサム酸はこの肝斑に治療効果をあらわしますが、女性ホルモンに直接影響を与えずに効果をあらわします。

そのため、安全性が高くほとんどの方が服用することができ、病院から処方されるだけでなく化粧品や日焼け止めとしても利用されています。

一般的には、のどの炎症や湿疹、蕁麻疹、出血などの症状を改善し、この作用を目的に病院から処方されています。

トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠は、有名なジェネリックメーカーのテバグループによって製造・販売されています。

テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

日本でもテバグループは展開しています。

世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠は、先発品トランサミン錠と勝るとも劣らない優れた効果をあらわします。

全身性線溶亢進が関与すると考えられる出血傾向 (白血病、再生不良性貧血、紫斑病等、及び手術中・術後の異常出血)
局所線溶亢進が関与すると考えられる異常出血 (肺出血、鼻出血、性器出血、腎出血、前立腺手術中・術後の異常出血)
下記疾患における紅斑・腫脹・そう痒等の症状 湿疹及びその類症、蕁麻疹、薬疹・中毒疹
下記疾患における咽頭痛・発赤・充血・腫脹等の症状 扁桃炎、咽喉頭炎
口内炎における口内痛及び口内粘膜アフター

トラネキサム酸錠500mg(トランシーノ)50錠

スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する