FC2ブログ

爆毛根ローション(Bakumokon)

2020/01/30 00:21:31 | ヘアケア | コメント:1件


爆毛根ローション(Bakumokon)



爆毛根(BAKUMOKON)5%または7%(ボトルタイプ)は、爆毛根ローションのエアレスポンプ式ボトルタイプです。NRシリーズで有名な米国ポラリスリサーチ社の最新技術リポスフィアテクノロジーを採用し、育毛成分であるミノキシジルとデュタステリドを効果的に頭皮に塗布することができます。

爆毛根(BAKUMOKON)5%または7%(ボトルタイプ)は、男性型脱毛症(AGA)の改善にすぐれた効果を発揮するミノキシジルの他に、デュタステリドとオキシトシンを配合していることが特長です。

■ミノキシジル
ヘアサイクル(毛周期)における休止期と成長期へ働きかけることで、ヘアサイクルを適正に整えて発毛と育毛を促し、脱毛の進行を予防する有効成分です。

■デュタステリド
男性型脱毛症(AGA)の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)は、5α還元酵素の働きによって、テストステロンから変換されます。デュタステリドは、この5α還元酵素の�T型と�U型の両方の働きを阻害することでDHTを抑制し、AGAの改善に効果を発揮します。

■オキシトシン
爆毛根(BAKUMOKON)5%または7%(ボトルタイプ)は、ストレスケア成分であるオキシトシンを配合することで、刺激性をもつ育毛成分がもたらす頭皮へのストレスを緩和しています。

定評の高い爆毛根ローションを、より使いやすいボトルタイプとした本品は、リポスフィアテクノロジーを採用。育毛成分を効率よく頭皮に浸透させ、育毛作用を最適化することに成功しています。ミノキシジルおよびデュタステリドという2大育毛成分のアプローチで、これまでにない育毛体験が実感いただけます。

爆毛根ローション(Bakumokon)


育毛成分「ミノキシジル」と「デュタステリド」をW配合した究極の育毛製品!


爆毛根ローション・ボトルタイプで“徹底した育活”宣言

育活をはじめて、最初の1年は、ある有名な化粧品会社から出ている美容院などで売られている育毛トニックを使用していました。生え際とつむじを中心につけることで、確かに髪は以前より元気になり、少しは薄毛の進行を遅らすことができている気がしましたが、それ以上の結果を出していきたいと思い、ミノキシジルなどを配合した育毛剤を使用したいと考えるようになりました。

もう歳も40半ば、“ちょっとした育活”から“徹底した育活”に移行したいと思ったのです。

そして候補の一つが爆毛根ローション。ネーミングが気に入ったというのもありますが、配合成分の豪華っぷりにひかれたのです。
ミノキシジルに加え、数年前、AGA(男性型脱毛症)への効果が認証されたデュタステリドも配合。しかも最近テレビを観て知ったストレス緩和成分・オキシトシンも入っているではないですか。

“徹底した育活”に移行したい僕にはベストなチョイスなのではと思ったのです。

そして、丁度決断しようとした時に新登場したのがボトルタイプ版。新登場のボトルタイプに後押しされるかのように爆毛根ローションを使用することにしたのです。

爆毛根ローション・ボトルタイプ使用開始1ヶ月でハリとコシが!

育毛製品の取り扱いで有名なオオサカ堂で注文すると、早速届き、使用することにしました。
使い方は簡単です。爆毛根ローションをプッシュして塗布して、“祈りをこめて”マッサージするだけ。

毛髪が根付いている実感したのは、使用を始めてから1ヶ月が過ぎた頃です。
髪にハリとコシを感じるようになったのです。これは期待できると確信できるようになりました。

それからは、爆毛根ローションを塗るのが楽しくなりました。鏡を見ながら自然と笑いながら爆毛根ローションをつける私を見て、妻も苦笑いしていましたが、自然と笑みがこぼれてしまうので仕方ありません。

生えた!

そして驚くなかれ、4ヶ月目に突入した頃でしょうか、生え際に産毛が・・・

本当に生えてる!

この感激って、なかなか言葉では表現するのは難しいと思います。
継続することの大切さを身にしみた瞬間でした。

“ちょっとした育活”では、なしえなかった成果を得ることができたのです。

“徹底した育活”をしたくて始めた爆毛根ローション。

これからも、脱毛阻止、毛髪の育成に毎日、使用していきたいと思います。
1年、2年と使用したときどのような効果が出ているか楽しみです。

爆毛根ローション(Bakumokon)
スポンサーサイト




コメント

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | #79D/WHSg
KEYWORDS:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する